Microsoft logo

Microsoft Teams 緊急オペレーション センター バージョン 2 が利用可能になりました。

2023 年 5 月 16 日

Teams 緊急オペレーション センターの最新アップデート、バージョン 2 を発表できることを嬉しく思います。

このソリューションについてまだ聞いたことがない場合は、 Microsoft Teams緊急オペレーションセンター (TEOC) ソリューション テンプレートは、Microsoft 365 プラットフォームの能力を活用し、Microsoft Lists、SharePoint などの強力なサービスを使用してインシデント対応、情報共有、フィールド コミュニケーションを一元化します。 Microsoft がサポートするオープンソース ソリューションであり、すぐに使用できるコア機能を提供することも、特定の政府機関の要件を満たすように拡張することもできます。

開始方法 ソリューションのホームページにアクセスする 今すぐサインアップしてアップデートを入手したり、ソリューションをダウンロードしたりしてください。

バージョン 2 では、ソリューションを活用してフィードバックから直接多くの機能強化が行われ、これらの更新には次のものが含まれます。

Microsoft 365 Government Support icon Microsoft 365 政府サポート
Government Community Cloud 内で利用可能になり、サポートされるようになりました (GCC)、Government Community Cloud High (GCC ハイ)、および Azure Government 展開環境。
Active Dashboard (for each incident) icon アクティブなダッシュボード (インシデントごと)
役割の割り当てを表示および識別し、チームにアナウンスを送信するための中心点。また、ブリッジ コールのために Teams ミーティング (今すぐミーティング) を開始および停止する機能、およびインシデントのタスクを一元的に管理、割り当て、および操作する機能も提供します。
xpanded assets during deployment icon 導入時の資産の拡張
インシデントの作成中に、ゲスト ユーザーをインシデントに追加したり、チャネル名のデフォルトをカスタマイズして保存したり、一元化されたドキュメントのニーズに対応するクラウド ストレージの場所を指定するリンクを提供したりできるようになりました。
Dashboard role-based access icon ダッシュボードのロールベースのアクセス
管理者ロールまたは表示専用ロールに基づいて TEOC ダッシュボードへのアクセスを制御する機能。有効にすると、指定されたリストを通じて管理者を割り当てることでインシデントの管理と作成の機能を制御しますが、指定されていないすべてのユーザーは表示のみのアクセス権を受け取ります。
Lead assignment for Roles icon 役割に対するリードの割り当て
チームメンバーがリーダーの役割の貢献者を特定できるように、さまざまな役割グループにリードを割り当てて指定します。
Core Component Updates icon コアコンポーネントのアップデート
コアコンポーネントとパッケージを最新の安定した検証済みバージョンに更新します。